お酒を飲んだ次の日の非惨劇

お酒を飲んだ次の日は、なんであんなに顔がむくんでしまうのでしょうか。次の日会社に行くと「昨日お酒飲んだ?」絶対にバレてしまうのです。泣いた次の日に、目がパンパンになるのも、恥ずかしいけど、まだ可愛げはありますもんね。でもお酒を飲んだ次の日に、顔がむくんでいるのは恥ずかしい。

そんな時は、どんな人でも、手っ取り早くむくみをかいしょうして、いつもの状態にしたいと考えるでしょう。本サイトで、むくみ解消のための有益な方法と、むくみを抑える為の予防法について調べてみたので、発表しますね。

まず顔のむくみの原因は、余分な水分が原の中に残ってしまっていることです。リンパの流れが悪くなっていたり、血管の中の血液がうまく循環していない状態にあります。

実はアルコールをとると、血管が広がってしまうのです。血管が広がると血液がうまく循環してくれそうなイメージがありますが、逆に血液の循環のスピードは遅くなってしまうのです。

血管をホースに例えて考えるとわかりやすいかもしれませんね。ポンプで勢いをつけた水が細いホースの方が早く奥まで流れて行きます。でも広いホースだと、ゆっくり奥の方まで流れていきますよね。それが実はむくみの原因なのです。
しかもお酒を飲むときは、つまみに塩分をたくさん含んだものを、とってしまうのもの。それも、原因の1つになるので、お酒を飲むと辛いものが食べたくなりますし、飲酒の次の日は特にむくみやすくなるのかもしれませんね。

ではどうやってそのむくみを解消すれば良いのでしょうか?

とにかく滞った血液の循環を正常に戻すことです。1番手っ取り早いのは、リンパマッサージです。リンパの流れに沿ってマッサージをして血液の循環を促進することで、むくみは大きく解消されます。あとは、いらない水分が外にちゃんと出るように、運動などで汗をかいたり、飲酒直後はだめですが、お酒が抜けてから、半身浴をして血液の循環を正常化することがむくみには大きく効くようです。

でもやっぱりめんどくさいもの。そんな時はエステティシャンに頼んでください笑1番確実で早いかもしれませんね笑